不動産管理サービスについて

こんにちは。アメリカで不動産エージェント兼コンサル タントとして働く佐藤です。

最近はなぜか、

「米国で投資用物件を初買いしましたが、不動産管理をお願い出来ませんでしょうか?」

「◯◯◯州◯◯◯市にある物件の管理をお願いしたいのですが。」

等、全米各地の物権管理のご依頼に関するお問い合わせが多くあります。

物件管理についてのお問い合わせがタイミング的に重なっている理由は正直なところ分からないのですが、いずれにせよ

・日本語で管理を依頼したい

・専門的知識のアドバイスを兼ねたサポートが欲しい

・極力管理費用を抑えて利回りを高くしたい

そんな想いでお問い合わせくださるようです。

とりわけ多いのが

「日系管理会社に依頼しているのですが、管理先を移管させてもらえませんでしょうか」

という類のご依頼です。

現状で日本語による不動産管理サービスを受けておられるものの、何かしらの理由で委託先を移したいとのこと。

この不動産管理に関するお問い合わせが増えつつありますので、共通にお伝えさせて頂くべき点を本日の項とさせて頂きます。

佐藤に不動産物件管理の依頼を検討される方は参考にして頂けましたら幸いです。

管理サービス内容について

最初にお断りから入りますが、弊社K&E Realty Consultingは不動産管理会社ではございません。

私(佐藤)はアメリカ不動産業界には不動産物件管理から足を踏み入れたのですが、現在はリアルターライセンスを有する不動産売買仲介が本業です。

同時に

・不動産投資アドバイス
・不動産資産管理サービス

等のサービスを提供させて頂いていますが、不動産会社を所有・運営はしてはおりませんのでご了承ください。

不動産管理については全米各地への不動産投資アドバイスと同様に

依頼者様 ↔ 佐藤 ↔ 地元不動産業者

の関係で

  • 手続き支援
  • 英語での交渉
  • 管理アドバイス

等の仲介サービスは可能ですので、お気軽にご相談ください。

ただしあくまでも仲介サービスであるため、佐藤から管理会社への指示はオーナーの意向を反映した範囲内に限定されることをご了承ください。

私(佐藤)はあくまでもアドバイザー兼伝達者であり物件管理に対するアドバイスは可能ですが、物件管理契約の観点からも判断を決定することは出来ません。

同時に、地元管理会社との間に入っての交渉等は可能です。

またアメリカ不動産管理会社へのおつなぎのパターンとしては

物件が立地する地域をよく知っている ⇛ 佐藤の信頼する管理会社をご紹介

物件が立地する地域は未開発 ⇛ 最適な管理会社を選定するところから

となります。

特に後者については、佐藤にとって未開発の地域である場合は管理会社は必要に応じて途中変更する場合も有り得ます。

というのも、最初の段階で過去の経験からくる条件式でフィルターをかけて選定はするものの、実際には使ってみないことには良し悪しが分からないからです。

結果としてご依頼者が納得されるレベルのサービスを提供する管理会社へのマッチングが完了するまで、未開の地では必要に応じて管理会社を何度か変更する可能性がありますことをご了承ください。

管理会社との付き合い方

また事前にお知らせするべきこととして「管理会社との付き合い方」を申し添えます。

冒頭のとおりよくあるのが

「現在の管理会社が良くなく、新しい管理会社に変更するにあたり支援して頂きたい」

というご依頼です。

そこで前提として、不動産管理会社とは「相性」もあるとは思います。

ここで言う相性とは不動産管理会社との相性というよりも、プロパティマネージャーとの相性という意味です。

不動産管理会社には様々な役割の方々がいますが、投資家が物件オーナーとして直接やりとりをするのはプロパティマネージャーです。

プロパティマネージャーは個人ですから、突き詰めると

不動産会社との付き合い = プロパティマネージャーとの付き合い

とも言えます。

とどのつまり、その担当者(プロパティマネージャー)との付き合いで感覚的に合う合わないは出てくるものです。

そこで

「現在の管理会社が良くない」

とのご感想を持たれる時は、本質としてはすなわち

「現在のプロパティマネージャーと合わない」

という場合も大いにあり得ます。

「プロパティマネージャーはその管理会社の方針に沿って動いているはずでは?」

となると規定の中で動くのはもちろんそうなのですが、仕事パフォーマンスは恐らく日本社会よりは遥かに個人技量に委ねられる部分が大きいように思います。

結果として同じ不動産管理会社であったとしても

投資家Aさんは相性が合って気に入っている

投資家Bさんは相性が合わず管理会社を変更したがっている

これはよくあることです。

つまり、不動産管理会社を変えたらうまくいくかと言えばそうとは言い切れない場合もあることになります。

そこで不動産管理会社を変更する前に、その管理会社にプロパティマネージャーが複数在籍しているのであれば

「担当者を変えて欲しい」

と申し出るのも一考です。

それでも

「やはりこの管理会社はしっくりこない」

という場合は佐藤にご連絡頂ければ、力の及ぶ限り支援させて頂きます。

不動産管理に関するお問い合わせはこちらからどうぞ。


【個別コンサルティング】

アメリカ不動産投資に向けた個別コンサルティングのご要望を多数頂いています。

✔ アメリカ不動産運用で老後の自分基金を構築したい

✔ 現地の水先案内人が欲しい

✔ 契約や交渉を含め、英語でフルサポートを受けたい

個別コンサルティングの詳細はこちらから。
【プロミゾリーノート(借入証書)投資】

特に女性に大人気、プロミゾリーノート(借入証書)投資のまとめページを作成しました。

✔ ただ生活に安心がほしいだけ

✔ ハイリスクハイリターンはいらない

✔ 手堅く、受け取る額が変わらないリターンが欲しい

✔ 何かあった時の投資の保証が欲しい

プロミゾリーノート(借入証書)投資まとめはこちらから。


アメリカ不動産投資 初心者の皆様へ

無料の定期メルマガ「アメリカ不動産投資の旅」をご希望の方は、下記よりメールアドレスをご登録ください。

初心者目線に落とし込んだ投資情報を定期的にご連絡させて頂きます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本項に関するご質問はこちらからどうぞ。

共有をありがとうございます