カウンタートップ素材のトレンド

こんにちは。アメリカで不動産エージェント兼コンサル タントとして働く佐藤です。

最近の項でキッチンについて触れることが度々ありましたが、特に女性にとってはキッチンはかなり気になるようです。

中でもアイランドキッチンは主婦に大人気。

アイランドキッチンなし

アイランドキッチンあり

のいずれかであれば、アイランドキッチンなしのキッチンを選ぶ主婦はまずいないでしょう。

キッチンからつながるリビング等のスペースを極端に狭くする事情がない限り、誰でもアイランドキッチンありを選ぶものです。

またやや手狭であったとしても、一昨日ご紹介した友人の家のように小ぶりな家でも屋内の壁をギリギリまでなくし、キッチンスペースを最大限に広くするという方法も考えられます。

そんな主婦の聖域とも言えるキッチンではキッチンアイランドが人気ですが、それと同時にカウンタートップの素材は人気に明暗が分かれてきました。

ずばり、今のアメリカでキッチンカウンタートップの一番人気素材は

Quartz(クオーツ:石英)

です。

クオーツ素材が好まれる理由は下記にお伝えしますが、このことは投資の観点でも重要な意味を持ちます。

住居用物件

投資用物件

のいずれであるにも関わらず、カウンタートップの素材を選べるとしたら売却時まで考えると

「クオーツ素材の方が主婦の心を掴みやすい」

ということです。

ちなみに私(佐藤)は個人的にはグラニテの方が好きなのですが、たった今のアメリカのキッチントレンドではクオーツ素材の方が人気があるようです。

そこで今日は、キッチンカウンタートップの素材としてのクオーツに人気がある理由について理解を深めておきましょう。

クオーツ素材の特徴

Quartz(クオーツ:石英)については過去の項でも触れていますが、簡単におさらいしておきます。

日本語で石英と呼ばれるクオーツは自然の鉱物の一つです。

その最大の特徴は加工し易い性質にあり、無地はもちろんとこと、マーブル系のデザインにすら容易く仕上げ直すことが出来ます。

それでいて耐久性に優れていることから、デザインの見ならず使い勝手の意味でも人気があるわけです。

そしてクオーツがキッチンカウンタートップに使用される場合、鉱石そのもののクオーツが使われるのはカウンタートップ全体のおよそ90%に留まります。

残りはポリマー樹脂ピグメント(着色素材)とで混ぜられ、柔軟性のあるクオーツカウンタートップとして仕上げられるのです。

今現在の価格は工賃を省いておよそ

$50 〜 $70 / スクエアーフット

ですが、実際の価格は

ブランド

地域

デザイン

カウンタートップの太さ

側面の仕上げ方

等で違いが出てきます。

そんなクオーツ素材のカウンタートップですが、人気がある理由の詳細は下記のようなものです。

耐久性にかなり優れている

クオーツ(石英)は本来、地球上で最も固い鉱物の一つです。

ちょっとやっとで壊れることはなく、およそキッチン素材の中では

Granite(グラニテ)

Marble(マーブル)

よりも遥かに強度が高いのです。

これが理由でメーカーも保証期間を長く

15年 〜 生涯保証

で売りに出しています。

その強度から傷がつくこともなく、欠けたり剥がれたりすることはありませんから安心して保証期間を長くできるわけです。

抗菌性が高く清潔

この点も主婦に人気の高い理由ですが、クオーツ素材のカウンタートップは抗菌性が非常に高く清潔なことで知られています。

その理由は、ポリマー樹脂とピグメントで加工されたクオーツ素材のカウンタートップは多孔質にはならないからです。

大概の鉱石から出来た素材は多孔質に仕上がります。

多孔質とは大なり小なりの穴がポコポコ空いている状態を言いますが、通常の石素材のテーブル等は多孔質に仕上がる為、見た目が綺麗に平らに見えても目に見えないレベルでは小さな穴が無数にあり、その隙間に菌が溜まる傾向があるのです。

そうすると多孔質素材は長期的には不衛生になりがちであり、結構な手入れが必要となってきます。

これに対し、クオーツ素材のカウンタートップの場合は多孔質ゼロです。

鉱石から出来た素材でありながらその表面は菌が入り込む隙間がなく、食材を使う主婦にとっては嬉しい無菌の調理場がそこにあるのです。

結果としてカビやシミがつくこともなく、毎日の簡単な拭き掃除だけで99.9%の割合で菌を抑えることが出来ます。

色とパターンの種類が豊富

最後になりますが、クオーツ素材が好まれる理由はそのデザイン性です。

色とパターンの組み合わせは豊富にあり、事実上無限の組み合わせが考えられます。

クリーム

ブラウン

スパークル系ブラック

渦型

斑点型

等の無限の色合いとデザインが可能となり、

「クオーツ素材を選びながらも、デザインはグラニテかマーブルに似せたい」

というのであれば、グラニテやマーブルそっくりに加工することも出来るのです。

そうすると、いよいよもってカウンタートップ素材としてクオーツを選ばない理由がなくなります。

。。。

キッチンカウンタートップで最も人気があるクオーツに焦点を当ててみました。

投資家目線でいえば、常に「価値」を意識することが大切だと思います。

本質的に価値は人の需要により高まるものですから、その意味でもアメリカ物件のキッチンカウンタートップ素材はクオーツを選んでおくと

住居用物件

投資用物件

このどちらでも有利になりやすいだろうと思うのです。


【個別コンサルティング】

アメリカ不動産投資に向けた個別コンサルティングのご要望を多数頂いています。

✔ アメリカ不動産運用で老後の自分基金を構築したい

✔ 現地の水先案内人が欲しい

✔ 契約や交渉を含め、英語でフルサポートを受けたい

個別コンサルティングの詳細はこちらから。
【プロミゾリーノート(借入証書)投資】

特に女性に大人気、プロミゾリーノート(借入証書)投資のまとめページを作成しました。

✔ ただ生活に安心がほしいだけ

✔ ハイリスクハイリターンはいらない

✔ 手堅く、受け取る額が変わらないリターンが欲しい

✔ 何かあった時の投資の保証が欲しい

プロミゾリーノート(借入証書)投資まとめはこちらから。


アメリカ不動産投資 初心者の皆様へ

無料の定期メルマガ「アメリカ不動産投資の旅」をご希望の方は、下記よりメールアドレスをご登録ください。

初心者目線に落とし込んだ投資情報を定期的にご連絡させて頂きます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本項に関するご質問はこちらからどうぞ。

共有をありがとうございます