佐藤のお金の使い道は

こんにちは。アメリカで不動産エージェント兼コンサル タントとして働く佐藤です。

一昨日お金に関する話を上げたところ、いつもより大きな反響を頂きました。

私達は誰でも、お金の話には敏感になって当然です。

お金に対する意味づけは人それぞれであったとしても、現代社会で生きる上ではお金が必要なことは間違いありません。

だからこそお金ときちんと向き合うことは大切ですし、貨幣という名の紙切れに振り回されない人生を送る為にも

「自分はお金にどんな意味付けを持っているのか」

このことを真剣に考えることは大切だと思います。

そしてありがたく受け取るお金を実際にどのように使うのかといえば、私(佐藤)の場合はそこに明確なルールを定めています。

ものすごく単純なのですが、世の中に提供させて頂く

【質 × 量】

の結果としてありがたく頂戴するお金の使い方は「波及効果のあるもの」だけにすると決めているのです。

お金に関する話で反響を頂いた折、お金の使い方についても触れておきたいと思います。

波及効果のあるものへ投資する

基本的に、

本業からの収入 + 投資からのリターン

この総和は可能な限り再投資するように心がけています。

⇛ 各種投資に再投資

⇛ 自分のビジネスに再投資

という具合に、総収入のかなりの割合は再投資です。

理論的に言えば、

投資する

リターンを受け取る

再投資する

リターンを受け取る

再投資する

(以下繰り返し)

この繰り返しから起こる複利法のリターン以上に最強なものはなく、

【長期投資 × 複利法】

資産運用の最大の秘訣はここにあると思います。

まずはこの「再投資」という行為が何よりも大きな波及効果の高いお金の使い方だと考えています。

もちろん再投資以外にはお金は一切何に対しても使わないかといえば、そんな事はありません。

何が何でも一セント単位で

「再投資、再投資。。」

とやり続けていては精神衛生上もよくありませんし、自分に使うことはもちろんあります。

けれども、自分に使うとは言ってもやはり使い道は「波及効果の高いお金の使い方」です。

ここでいう波及効果のお金の使い方とは投資と同様に、時間が経てば経つほど尻上がりにその効果が出てくるものです。

「本」などはその典型ですね。

自分でやろうと思えばおよそ膨大な時間を費やさねばならないだろう著者の知識や体験が1000円、2000円程度の本にギュッと凝縮されているのです。

そこに書かれてあることは即効性はないものかもしれませんが、本に書かれてある良質な知識や言葉は、いつか何かの拍子に役立つものです。

それを積み重ねていけばいよいよ自分自身の引き出しは増えてきますし、本を買うことは確実に波及効果が高い行為だと考えています。

そんな、たった今は役に立たないだろうけれども自分の中に染み込ませていく知識や体験には積極的にお金を使いたいのです。

時間をお金で買う

そしてお金の使い方で外すことが出来ない、或いは最も波及効果の高いだろうと考えるお金の使い方があります。

それは「時間をお金で買う」という行為。

お金

時間

このどちらが大切かといえば、明らかに後者の時間の方が大切です。

お金は後から稼ぐことが出来るものですが、失われた時間はどうやっても後から得ることは出来ません。

そしてお金だの投資だといくら叫んでも、それらは全て費やす時間から生み出されてくるものです。

そうすると全ての結果は費やす時間から生み出されるわけですから、実際には時間への投資が何よりも優先されるべきと言えそうです。

時間をお金で買うとは、例えば「専門家を雇う」という行為があります。

何でもそうですが、ゼロから自分で始めるよりは先にその世界を知っている先行者にお金を払って教えてもらうのが最短距離です。

それは正に時間をお金で買う行為ですし、私(佐藤)も自分が知らないことを学ぶ時には積極的に専門家を雇っています。

また、日常としてはタクシーを使うことも時間をお金で買う行為だと思います。

A地点からB地点まで移動するのに駅に歩いたり電車を乗り継いでいては相当時間を取られてしまいます。

それよりもお金がかかったとしても、行き先を告げて後ろに座って作業を続けた方が時間をより効率良く使うことが出来ます。

それが理由で東京ではタクシーは積極的に使いますし、米国ではUberを積極的に使っています。

けれど現実には、このような波及効果のあるものだけにお金を使おうと決めると最初の段階ではお金は減る一方です。

それこそ若い時には私(佐藤)もギリギリのところまでいきましたし、ピーク時には口座の中は$1単位だったことも。。

けれども刹那的な行為にお金を使うのではなく、将来の自分を楽にさせる意味で効果が出るには時間がかかるだろう、けれども波及効果が高いことだけにお金を使い続けてきたのです。

おかげさまで昔からの積み重ねの成果は随分見えてくるようにはなりましたが、それでも波及効果への投資は今後も続けていくつもり。

まとめると

1.「本業からの収入」と「投資からのリターン」は再投資

2.必要なことにはお金を使うけれども、やっぱり波及効果のあるものだけに

そんな基本概念でお金は使うようにしています。

マイナス面としては、衣食住の中で「衣」と「食」に全く気が向かないことでしょうか。。

身だしなみをきちんとすることは大切だと思いますし、食のバランスを意識することも大切だと頭では理解します。

けれどもそっちの方面にはどうにも意識が向かず、将来に波及効果がないように思ってしまう洋服や靴にいたっては、10年以上自分で購入したことはありません。

それでも、いつの間にか新しい服や靴が置いてあり、食卓には毎日バランス良い食事が出てくること。

この点はいつも、心から妻に感謝しています。

。。。

なのでこれからも元気に、波及効果のあるものだけにお金を使い続けていきたいと思います(笑)。



アメリカ不動産投資 初心者の皆様へ

無料の定期メルマガ「アメリカ不動産投資の旅」をご希望の方は、下記よりメールアドレスをご登録ください。

初心者目線に落とし込んだ投資情報を定期的にご連絡させて頂きます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本項に関するご質問はこちらからどうぞ。

共有をありがとうございます