【質問】あなたに依頼することの利点は?

こんにちは。アメリカで不動産エージェント兼コンサルタントとして働く佐藤です。

度々頂戴するお問合わせの中に、

コンサルティングを依頼させて頂く上で、他社と比較してどのような利点がありますでしょうか?

という趣旨のものがあります。

アメリカで不動産を購入する上で、その支援を依頼するとすれば日系の不動産会社はいくらでもありますね。

その規模は様々ですが、通常の不動産売買のみならずコンサルティングを提供する会社、あるいはフリップ業者として投資物件を数多く販売する上場企業もあります。

そのような日系企業がたくさんある中、私(佐藤)のような個人にコンサルタントを依頼する意味はどこにあるのか?という趣旨のご質問です。

前置きなりますが、このブログ上で何度か申し上げているとおり少なくとも私(佐藤)自身は不動産コンサルティングを中心に事業を展開しているわけではなく、

・通常の売買仲介
・自身が関わる投資プロジェクト

を主軸とする中で、その派生的な位置づけで世界中のどこかにおられる日本人不動産投資家(あるいは不動産投資初心者の方々)に対してコンサルティングサービスを提供させて頂いています。

結果としてこのブログサイトを通じてはほとんど営業という営業は行ってはいませんし、これからもプッシュ型でこのブログサイトを使うことはないだろうと思います。

結局のところ、コンサルティングサービスを提供させて頂くとはいってもご自分からお問い合わせを下さった方、もしくはたまの一時帰国の際に日本で行う個別コンサルティングにお申込み下さった方のみを支援させて頂いています。

その意味では

「私は個人コンサルタントですが、大企業とはこんなに違います!」

と力んで申し上げるつもりはサラサラありませんし、むしろコンサルティング案件を押さえられるように低空飛行でいくのが丁度よいのです。

そのため冒頭のご質問へのお答えをここに上げるべきかどうかも正直迷いましたが、それなりに頂戴するお問い合わせ内容の為に本日の項として上げておきます。

狙う投資物件を自由に選べる

佐藤のような個人のコンサルタントに依頼される場合、その一番の強みは

「個々のご希望に合わせて、投資用に購入する物件を自由に選べる」

ことです。

フリップ業を営むアメリカの不動産会社も複数知っていますので、

購入 ⇛ 修繕 ⇛ 購入 ⇛ 管理

のワンストップを希望される方はそちらのご紹介も可能ではあります。

けれども彼らも商売ですから、当然そこには上乗せ価格があるのです(1万ドル 〜 2万ドル程度)。

日系のフリップ業者の場合はそれ以上の上乗せ価格がある場合がほとんどですので、そちらにはおつなぎしたことはありませんし個人的にお付き合いもありません。

いずれにせよ、

「フリップ業者の上乗せ価格は避けたい」

「物件選定から自分でやりたい」

「けれども、英語でのアメリカ人とのやりとりには不安がある」

ということであれば、そこに特化した支援が可能です。

この点は先日こちらでもお伝えしたとおりで、コンサルタントとして投資用物件を選定する上ではバイヤーエージェントとしての支援は出来ませんが、知識と経験をもって投資として回る物件選定のお手伝いは可能です。

業者に用意された物件から選ぶのではなく、自分自身で自由に市場の物件を選んで一からアメリカ不動産投資が開始できるわけです。

支援体制を完全にカスタマイズ

そして必然的に

佐藤 ↔ クライアント様

の個人対個人のやりとりになりますから、その支援体制はかなり深くなります。

結局のところ、私(佐藤)がコンサルティングを行うことの最終的なゴールは

「佐藤の支援を必要とせずに独り立ちして頂くこと」

にあるべきです。

私(佐藤)とのやりとりを通じて物件の見方や選び方を大いに盗んで頂きたいですし、

「もうここからは佐藤さんの支援は必要ありません。今までありがとうございました!」

このような個人投資家が陸続と誕生したとしたら。。これほど嬉しいことはありません。

(もちろん、英語支援が必要不可欠な方はいつまでもお付き合いさせて頂きます)

結果として、これまでにお問い合わせをくださり

物件取得 ⇛ リノベーション ⇛ 賃貸開始

の段階に進める中で、お一人お一人とのメールのやりとりが100通を超えることはザラにありますし、その一通一通の中で必要な内容は全てお伝えさせて頂いています。

それらのやりとりを通じてクライアントの皆様方がどんどん成長されていく姿を見るのがたまらなく嬉しいのです(T.T)。

また、それぞれのクライアント様とやりとりをしながら

「返信内容にテンプレートがあったら便利なのになー。」

とたまに思うこともありますが、残念ながら

クライアント様 ⇛ 十人十色

物件 ⇛ 一つとして同じものなし

という、クライアント様と物件のそれぞれが千差万別のマッチングになりますから、返信内容は赤ペン先生よろしく100%個別の内容にならざるを得ないのです。

そして個々のクライアント様方とそれなりのやり取りをしながらようやく一息つけるのが

「テナントが決まり、賃貸契約が結ばれた瞬間」

ですね。

アメリカ不動産投資のノウハウを学んで頂くのみならず、実際にクライアント様がリターンを受け取り始めることが一つの大きな節目となります。

率直にいえば、人様に稼いで頂くことは心から嬉しいものです。

一つの物件に対し大概は日本円にして毎月10万以上の不労所得を得て頂くわけですが、仮にそのクライアント様が減価償却期間として最低4年間物件を保有されたとしたら

480万(10万 × 12ヶ月 × 4年間)

の不労所得をお一人に対して受け取って頂くわけです(実際はこれ以上)。

100名のみだったとしても4年間で総額4億8000万円以上を受け取って頂くことになります。

1000名であれば毎月1億円以上、4年間で48億円以上の不労所得を受け取って頂く計算です。

数字は目安以上でも以下でもありませんが、それでも人様に稼いで頂く喜びは確かにあると思います。

なぜ嬉しいのかと自分に問えば、それは多分「クライアント様の経済的不安がどんどん解消していく」からではないでしょうか。

とはいえ投資である以上はリスクはありますし、ややドライにいえば

「来る者はこばまず、去る者は追わず」

の姿勢で対応させて頂かざるを得ないのも事実。

求めてこられないのであれば佐藤から追いかけることは決してありません。

その代わり、支援をご依頼される方には完全な個別カスタマイズ方式でどこまでもお付き合いさせて頂く心づもりです。



アメリカ不動産投資 初心者の皆様へ

無料の定期メルマガ「アメリカ不動産投資の旅」をご希望の方は、下記よりメールアドレスをご登録ください。

初心者目線に落とし込んだ投資情報を定期的にご連絡させて頂きます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本項に関するご質問はこちらからどうぞ。

共有をありがとうございます