TaskRabbit(タスクラビット)を使ってみよう ~ 前編

こんにちは。アメリカで不動産エージェント兼コンサルタントとして働く佐藤です。

昨日は、家の内外に関するあらゆるニーズに対応してくれる

TaskRabbit(タスクラビット)

https://www.taskrabbit.com/

についてご紹介させて頂きました。

「この重い家具が動かせない。」

「主人が忙しくて、新調した家具を組み立てる時間がない。」

「裏庭の芝刈りに時間を費やせない。」

「バスルームの水回りが故障して修繕が必要だ。」

そんな、物件に関する問題が発生したらその問題は全てこのTaskRabbit(タスクラビット)で解決します。

ここにはあなたの近所で暮らすTasker(仕事人)達が数多く登録されており、そこからあなたのニーズにあった仕事を引き受けてくれる登録者を選んで家に来てもらうことが出来るのです。

TaskRabbit(タスクラビット)は自社でTasker(仕事人)を抱えているわけではなく、いわゆるマッチングサイトに過ぎません。

それは2者間のニーズをつなげるという単純な仕組みですが、私(佐藤)はこのTaskRabbit(タスクラビット)は従来の伝統的な不動産管理会社の仕事を根こそぎ奪ってしまうほどの威力があるとみています。

恐らく、日本でも同様のホームケアマッチングサイトは早晩登場するはずです。

このブログをお読みでITマーケティング専門家の皆様、日本の不動産管理事業をひっくり返すチャンスかもしれませんよ。。

そこで今日は、実際にこのサイトを使ってみましょう。

Tasker(仕事人)を探す

まずはサイトのトップページからいきましょう。

この

Mounting & Installation(取付作業)

Moving & Packing(引っ越し作業)

Furniture Assembly(家具組み立て)

Home Improvement(家の改装)

General Handyman(修繕全般)

Heavy Lifting(重量物運搬)

の中から、あなたが必要なカテゴリーに進みます。

実際のケースで見る為、最近私(佐藤)自身がオフィスのデスクと椅子を新調した際に使ったケースでみていきましょう。

この時は複数のサイトから別々にオフィス家具を購入して家に届きました。

以前は自分で組み立てていましたが、最近は中々その時間が持てませんので組み立てを外注して楽しています。。

そこで、組み立ての場合は「Furniture Assembly(家具組み立て)」のカテゴリーにいきます。

とりあえず「I’m just browsing(ただの閲覧です)」を選んで、選択肢をみていきましょう。

次に住所を打ち込んで、「Continue」を押します。

次に「TASK OPTIONS」が出てきますので、

「How big is your task ? 」で見積もられる作業時間を選び、

「Vehicle Requirements」で運搬車両の必要有無を指定します。

ここでは作業見積もり時間は「2~3時間」とし、「車両は不要」としました。

次に進んでみます。

作業内容の詳細を伝えるページが出てきました。

ここでは簡単に

「Need assembling for furniture : office table & chair」

とのみ書きましたが、対象商品のリンクを張り付ける等細かく書けば書くほどよいです。

「See Taskers & Prices」を押して次に進みます。

いよいよTaskerが出てきましたね。

ここではスペースの関係で2名分しか出していませんが、実際には23名のTaskerが表示されました。

彼らは全員、最初に入力した住所の近くに暮らしている登録者たちです。

ここからポイントを見ていきましょう。

この手のマッチングサイトがいずれもそうであるように、TaskRabbit(タスクラビット)が役に立つのは各登録者の評価がなされている点です。

何件の実績があるか

評価は何パーセントか

車両の種類

本人のメッセージ

1時間単位の料金

が掲載されており、上記の例でいえば組み立ての仕事に対して23名を比較検討できるのです。

そしてさらに写真下の「View Profile & Reviews」をクリックすると、実際に依頼した人々からの評価を読むことが出来ます。

そこで上記の2名を比べてみましょう。

Eliteであるか

十分なTask実績と高評価を受けていると、名前の下に「Elite Tasker(エリート仕事人)」と表示されます。

ここは大事なポイントですね。上のGabriel(ガブリエル)にはついていますが、下のTommie(トミー)にはついていません。

何件の実績があるか

Gabriel(ガブリエル)は29回であるのに対し、Tommie(トミー)は16回です。

Gabriel(ガブリエル)の方が登録期間が長いのかもしれません。

評価は何パーセントか

Gabriel(ガブリエル)が100%であるのに対し、Tommie(トミー)は88%です。
もうここまででどちらを選びたいか、気持ちがほぼ決まってしまいますね。

1時間単位の料金

Gabriel(ガブリエル)が$24.70/1時間であるのに対し、Tommie(トミー)は$35.29/1時間です。
もはや勝負ありですね。

かくして、ここから「See Availability」を押して日時を指定し、かつ本人とやり取りを開始して自宅に来てもらうことになります。

明日に続けます。


【個別コンサルティング】

アメリカ不動産投資に向けた個別コンサルティングのご要望を多数頂いています。

✔ アメリカ不動産運用で老後の自分基金を構築したい

✔ 現地の水先案内人が欲しい

✔ 契約や交渉を含め、英語でフルサポートを受けたい

個別コンサルティングの詳細はこちらから。
【プロミゾリーノート(借入証書)投資】

特に女性に大人気、プロミゾリーノート(借入証書)投資のまとめページを作成しました。

✔ ただ生活に安心がほしいだけ

✔ ハイリスクハイリターンはいらない

✔ 手堅く、受け取る額が変わらないリターンが欲しい

✔ 何かあった時の投資の保証が欲しい

プロミゾリーノート(借入証書)投資まとめはこちらから。


アメリカ不動産投資 初心者の皆様へ

無料の定期メルマガ「アメリカ不動産投資の旅」をご希望の方は、下記よりメールアドレスをご登録ください。

初心者目線に落とし込んだ投資情報を定期的にご連絡させて頂きます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本項に関するご質問はこちらからどうぞ。

共有をありがとうございます