【TDI – Trust Deed Investment】借入証書(プロミゾリーノート)投資の実例:2018年8月クロージング 〜 前編

こんにちは。アメリカで不動産エージェント兼コンサルタントとして働く佐藤です。

今の世の中で生きていく上では「お金」と完全に縁を切ることは不可能です。

資本主義であれ社会主義であれ、お金という名の紙切れにその国力を持って価値を付け、物々交換の道具にするというルールで暮らす以上はお金とは付き合い続けなくてはなりません。

そしてお金は生活を助けてくれることもあれば、反対に他人を羨んだり羨まれたり、はたまた争いの原因になったりと厄介な原因になることもしばしばあります。

世の多くの人々が毎日一生懸命働きに出る理由は、当然生活の為にお金が必要だから。

仕事に生きがいを感じる感じないに関わらず、生きていく上ではお金を稼がねばなりませんからそこに選択の余地はありません。そしてその努力がいつか実れば、昇進して給与も上がる場合もあり得るわけです。

ところが資本主義社会の中では実に不思議な現象が起こっています。

それは、働いてお給料が上がれば上がるほど税金も高くなり、給与の大部分を政府に持って行かれてしまうという現実。

そしてもっと不可解なのは、富豪の中でもお金のカラクリをよく知っている人々はいわゆる一千万プレーヤーの人々よりも税金を払っておらず、富がどんどん蓄積されているという事実です。

その結果私達が現代で目撃しているのは「富むものが更に富み、持たないものがどんどん取られていく」というとてもアンバランスな世界。

2016年の時点では

「世界の長者の上位62名の合計資産が、世界の半分の資産に匹敵する」

と言われていたはずが、2017年には

「世界の長者の上位8名の合計資産が、世界の半分の資産に匹敵する」

と、その格差が劇的に加速しています。

格差社会は正にここに極まり、お金のカラクリに気づいて富を殖やし続ける人々とそうでない人々の差は日に日に大きくなっているのです。

そして、あなたでも私でも誰がやっても同じ結果が出せる、富を殖やし続ける者になるにはちょっとした簡単なルールがあります。

それは

「現金を生み出す資産を持つこと」

です。

現代社会で富を殖やし続ける大富豪たちは例外なくこの「現金を生み出す資産を増やす」ことでお金に操られない人生を確固たるものにし、Financial Peace(ファイナンシャル・ピース:経済的安心感)を手にしているわけです(イコール幸せとは限りませんが)。

そこはおよそお金のことで四苦八苦したり、買いたいものも買えない生活とは無縁の世界。

あたかもお金が存在しないかのような、ともするとお金の存在すら忘れてしまうような人生を実現している人々がいることは紛れもない事実なのです。

そしてこの「現金を生み出す資産」の中でも、極めて安全度の高い投資商品は世の中に数多くあります。

ハイリスク・ハイリターン

或いは

ローリスク・ローリターン

と良く言われますが、私(佐藤)自身も実践しているおよそ

ローリスク・ハイリターン

のレベルに近い不動産関連投資が存在するのです。

日本でも未だそれほど知られていないその投資商品とは

TDI(Trust Deed Investment:トラスト・ディード・インベストメント)

と呼ばれるもの。

今日から、これまでにも成功を収められつつも今回TDIに更に追加投資して「現金を生み出す資産」を増やすことに成功された事例をご紹介させて頂きます。

借入証書(プロミゾリーノート)投資:2018年8月クロージング(日本在住 N様)

TDIとは厳密にはPromissory Note(プロミゾリーノート)を購入する行為ですので私(佐藤)は借入証書投資とも訳してご紹介しています。

今回投資家のNさんがご購入された借入証書(プロミゾリーノート)の合計元金金額は

$228,262.00

です。

ごく簡単に言えばTDIとはお金を融資されるのではなく融資する側になることですから、Nさんはいわば銀行家として住宅ローンの債権者になったようなもの。

資金を融資してその利息がリターンとして戻ってくる投資ですから、まさに「現金を生み出す資産」としか表現のしようがない投資商品がTDIなのです。

そして今回は3種類のTDIを束ねた合計元金金額が上記金額になりますが、それぞれの金利は

9%

7.6%

7%

と、日本の定期預金率と比較すると雲泥の差となる金利での購入に成功され、結果として口座には毎月合計で

$1,842.32(1年で$22,107.84)

の元利金を受け取られます。

お金がお金を生み出す現象は正に現代の錬金術。

このような富の殖やし方を知る自分と知らない自分とでは、他人様との競争ではなく自分自身の人生に大きな差がついてくるのです。

「けれど、もし債権者の返済が滞ってしまったら?」

販売元が回収業者を雇って回収してくれます。

「その回収はいくらかかるのですか?」

TDIをいくつ束ねて購入してもお一人様$15のみの定額サービス料が毎月引かれています。回収にかかる費用もこの毎月のサービス料に含まれているのです。

「完全に債務不履行になったら?」

販売元が買い取る旨が、契約書の中に明記されています。

「他に抵当権を持つ人は?」

いません。唯一無二の債権者があなたなのです。

「ということは、債務不履行が発生すれば自分で売却して利益を出すことも可能なのですね?」

その通りです。その手続きは必要あれば私(佐藤)が責任を持って英語でご案内します。

とはいえ実際の手続きは裁判所を通す必要があり長い期間がかかると同時に結構な出費も発生しますから、シンプルに買い戻してもらって別のTDIに切り替えた方が得策かとは思います。

明日に続けます。



アメリカ不動産投資 初心者の皆様へ

無料の定期メルマガ「アメリカ不動産投資の旅」をご希望の方は、下記よりメールアドレスをご登録ください。

初心者目線に落とし込んだ投資情報を定期的にご連絡させて頂きます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本項に関するご質問はこちらからどうぞ。

共有をありがとうございます