アメリカのご長寿タウン10選

こんにちは。アメリカで不動産エージェント兼コンサルタントとして働く佐藤です。

現在のアメリカ人の平均寿命は79歳とされています。

アメリカ合衆国は広い土地の中に人口が多い為にあらゆる要素で地域毎にバラツキがあり、サウスダコタのように平均寿命が68歳以下の地域もあれば、元気なアクティブシニアが多い街では平均が80歳をゆうに超える地域もあります。

それぞれの地域の平均寿命は一過性の単なる偶然なのでしょうか。

もしくは何かしら環境の違いが原因で、一過性ではない平均寿命の違いが現れてくるのでしょうか。

1つのヒントとして、健康志向の生活を研究する分野で著名なダン・ブートナーという方がいます。

このブートナー氏の研究ぶりが徹底しているのですが、彼は世界各国で長寿の地域とされる場所に一定期間暮らし、地元の特性や地元の人々の生活習慣に触れ、かつ地元人との会話から分かる情報を集めて分析を続けてきました。

対象となった地域は

日本の沖縄

イタリアのサルディナ

コスタリカのニコヤ

ギリシャのイカリア

カリフォルニアのローマ・リンダ

です。

ブートナー氏がそれぞれの地域に一定期間暮らして情報を集める中で分かったことは、

「長寿と生活環境には密接な関係がある。身体的に健全な生活を送る人々が多い地域では、全体的に寿命が伸びる傾向がある」

ということでした。

近所の人々が週末はサイクリングやハイキングに出かける人々が多いような環境では、自然と自分もそのような雰囲気に飲まれてアウトドアになりやすく、

反対にごく身近い距離でも車で移動するような生活を送り、かつその周りにマクドナルドやケンタッキーフライドチキンのようなジャンクフードが多い環境では、寿命が長い傾向にはなりにくいそうなのです。

このことは、不動産投資家としても決して無視は出来ない情報になります。

不動産投資のキモの1つは間違いなく「長く物件に暮らし続けてもらうこと」であり、シニアになればなるほど引っ越しを避けて同じ家に長く暮らす傾向があります。

もちろんそれだけ長い期間暮らすのであれば自宅を購入するという向きもありますが、物件価格が一昔前よりも高くなってきている現在では、シニア世代といえども賃貸暮らしの人々の割合は増えているのです。

そこで今日は「アメリカ国内のご長寿タウン」を見ていきましょう。

キャッシュフローが十分に見込める地域であれば、、要チェックです。

アメリカご長寿タウン10選

アメリカの中で平均寿命が高い地域を上位から順番に並べてみます。

対象範囲は郡とし、項目は人口(郡)、長寿No.1の市、平均寿命、そしてその地域の物件価格中間値とします。

1位. コロラド州サミット郡

人口: 30,585人
長寿No.1の市: コロラド州ブレッケンリッジ市
平均寿命: 86.8 歳
物件中間価格: $930,500

2位. ノースダコタ州ビリングス郡

人口: 940人
長寿No.1の市: ノースダコタ州メドラ市
平均寿命: 84 歳
物件中間価格: $331,200

3位. カリフォルニア州マリン郡

人口: 260,651人
長寿No.1の市: カリフォルニア州サン・ラファエル市
平均寿命: 83.8 歳
物件中間価格: $1,425,400

4位. バージニア州フェアファクス郡

人口: 1,148,433人
長寿No.1の市: バージニア州ヘーンドン市
平均寿命: 83.7 歳
物件中間価格: $608,700

5位. アラスカ州アルチアンイーストボロ郡

人口: 3,370人
長寿No.1の市: アラスカ州キングコーブ市
平均寿命: 83.7 歳
物件中間価格: $226,500

6位. テキサス州プレシディオ郡

人口: 7,156人
長寿No.1の市: テキサス州マーファ市
平均寿命: 83.7 歳
物件中間価格: $297,000

7位. ワシントン州サン・ファン郡

人口: 16,715人
長寿No.1の市: ワシントン州フライデー・ハーバー市
平均寿命: 83.7 歳
物件中間価格: $774,400

8位. ニューメキシコ州ロス・アラモス郡

人口: 18,738人
長寿No.1の市: ニューメキシコ州ロス・アラモス市
平均寿命: 83.5 歳
物件中間価格: $384,400

9位. ワイオミング州トン郡

人口: 23,265人
長寿No.1の市: ワイオミング州ジャクソン市
平均寿命: 83.5 歳
物件中間価格: $1,305,200

10位. フロリダ州コライアー郡

人口: 372,880人
長寿No.1の市: フロリダ州ナプレス市
平均寿命: 83.4 歳
物件中間価格: $479,400

まとめ

いかがでしょうか。

サウスダコタ州の平均寿命が短いのに、その上のノースダコタ州ビリングス郡は全米で2番目に寿命が長いのはおもしろいですね。

堂々の1位はコロラド州ブレッケンリッジ市で、平均寿命が86.8歳です。ただし物件価格中間値は$930,500と日本円で億超えですが。。

コロラドはアメリカの中でもキャンプやハイキングが最も活発なアウトドアが主流な地域の1つです。

ワイルドライフを好む男たちを中心に人気があり、ジョギングやバイクをを使ったエクササイズも活発で、自然に囲まれた人間らしい生活とたくましく生きる気負いに溢れています。

そんな流れもありナプレス市ではシニア世代もアウトドアに積極的であり、全体として平均寿命が全米で最も高い結果となっています。

これら上位の中で不動産投資の検討対象として残してよいのは。。

フロリダ州ナプレス市

でしょうか。

ナプレス市も海沿いにありシニアに人気が高い地域ということになりますが、このあたりはハリケーン被害の可能性がありますのでその分のリスクを加味する必要がありそうです。


【個別コンサルティング】

アメリカ不動産投資に向けた個別コンサルティングのご要望を多数頂いています。

✔ アメリカ不動産運用で老後の自分基金を構築したい

✔ 現地の水先案内人が欲しい

✔ 契約や交渉を含め、英語でフルサポートを受けたい

個別コンサルティングの詳細はこちらから。
【プロミゾリーノート(借入証書)投資】

特に女性に大人気、プロミゾリーノート(借入証書)投資のまとめページを作成しました。

✔ ただ生活に安心がほしいだけ

✔ ハイリスクハイリターンはいらない

✔ 手堅く、受け取る額が変わらないリターンが欲しい

✔ 何かあった時の投資の保証が欲しい

プロミゾリーノート(借入証書)投資まとめはこちらから。


アメリカ不動産投資 初心者の皆様へ

無料の定期メルマガ「アメリカ不動産投資の旅」をご希望の方は、下記よりメールアドレスをご登録ください。

初心者目線に落とし込んだ投資情報を定期的にご連絡させて頂きます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本項に関するご質問はこちらからどうぞ。

共有をありがとうございます