【質問】変わりたいのに、変われないんです

こんにちは。アメリカで不動産エージェント兼コンサルタントとして働く佐藤です。

一昨日、経済的自由を手に入れた人々に共通することとして

■ 目標を立てる

■ しのごのいわず、今日から動き始める

■ 毎日考え、毎日行動し続ける

■ 目標は紙に書き続ける

という共通の特徴がありますよ、とお伝えしたところ予想外に反応が多くありました。

基本的にこのブログサイトではアメリカ不動産知識をお伝えさせて頂いており、この手の不動産以外の話は右下のカテゴリーの「コンサルタントの流儀」に分類しています。

けれども、不動産の話よりもむしろこのカテゴリーに入れている

自分を変えるには

とか

成功するには

とか

想いが大切

とか、この手の話の方が反応率が高いのはなぜでしょうか。。(笑)

そこで一昨日には

「先進国に生きていればなお更、頭一つでる為には目標が大切ですよ」

とお伝えしたのですが、

「目標を立ててみるのですが、どうしても持続できず、変わりたいのに変われないんです」

という趣旨のお問い合わせを頂きました。

不動産には関係のない話ですが、本日は一昨日の続きでまず万人に共通するだろう、人が変われる方法についてお伝えさせて頂きます。

なんだかいよいよ、違ったコンサルティングになってきた気がしますが。。

環境が全て

自分を変えるにはどうすればいいかというと、ことわざでいえば、

虱(しらみ)は頭に処りて黒し

白いしらみも、頭髪が黒い人の頭の中にあれば黒くなる。
誰でも周りの感化によって善人にも悪人にもなれる。

或いは

朱に交われば赤くなる

関わる相手や環境によって、人や良くも悪くもなる。

もう、これに尽きると思います。

人は環境で変わりますし、環境でしか変われないものなのです。

例えば言語一つにしても同じことが言えます。

言語とはあくまで生きていくためのツールであり、言語もまた環境によって左右されます。

日本で生まれ育った日本人が英語を話せるようになれるわけがありませんし、

アメリカで育ったアメリカ人が日本語を話せるようになれるわけがないのです。

その意味ではビジネス英語を身に着けようと思えば、英語環境の職場に飛び込むしかないのです。

これと同様に、生き方そのものも環境によって左右されるものです。

一昨日の例えのように、毎日の流れが自宅と会社の往復で特に大きな不自由もないのであれば、そこから抜けるには環境を変えるしかありません。

環境を変えるという意味では暮らす場所を変えることも有効ですが、ただ単に気分転換で住居を移したとしてもまた同じ日課になるのは目に見えています。

そうではなくて、環境を変えるにしてもやっぱり目標が最初にありきなのです。

「俺は/私はこっちに進むんだ!こうなりたいんだ!」

という方向性が定まっていないと変わりようがありませんから、環境を変えるにしてもまずは目標を定めることが不可欠になるのです。

私(佐藤)自身は、自分が人生で出す成果が加速し始めたのは、繰り返しとなりますがやはりケラー・ウィリアムズによる恩恵が大きいと思います。

士気が高すぎる連中に囲まれ、かつ社内文書ですら

「Hi, superstars!!(やあ、スーパースターたち!!)」

なんて恥ずかしげもなく送られてきますからね。

そうすると、そんな社内文書を受け取る自分も、

「あっ、そうだ。自分は人生で成果を出し続けているスーパースターの一人だった。」

なんて、派手な勘違いが起こるのです(笑)

けれども、そんな勘違いは大切です。

人が変わるのは順番としては「内側(心)が変わって外側(行動)」が変わるもの。この順番が反対になることはありません。

ただし、冒頭のご質問にお答えする意味で厳密にいえば、

「外側(環境)のおかげで内側(心)が変わって外側(行動)が変わる」

これが正しいと思います。

環境を変える投資が最も大事

その意味では、「若い時には自分に投資するべきですよ」とはよく聞きますが、厳密には「『自分の環境を変えてくれるものへの投資』が大切」なんだろうと思います。

もちろん様々な経営者が書いている実用書やビジネス書籍を読むことも大いに有効ですし、そうするべきだと思います。

けれども、それ以上に大切なのは「自分を劇的に、かつ継続的に変えてくれる環境への投資」が大切なんです。

私(佐藤)自身も、これまで読書と同時にともするとそれ以上に、自分の環境を変えてくれる投資に意識をおいてきました。

冒頭のご質問に戻りますが、

「目標を立ててみるのですが、どうしても持続できず、変わりたいのに変われないんです」

このような場合、目標を立てたとしても環境がそれまでと変わっていないのではないでしょうか。

環境を変えるといっても、暮らす場所を強制的に変える必要もないんです。

暮らす場所が同じだったとしても、

「自分の目標に合致する類の人たちの中でも、成功している人々に合い続ける」

「目標に合致しない違う分野の方でも、その道の成功者、あるいは人生の成功者に合い続ける」

これだけで十分です。

「あっ、こんな人がいるんだ。。」

「こんな世界があるんだ。。」

ここは百聞は一見に如かずの通りで、成功者たちに繰り返し合うと感化されて、「自分も向こう側に行きたい!」という気持ちに否が応でもなるものです。

この繰り返し合うというのがコツですが、そうするとあなたはいよいよ朱に交わって赤くなりはじめ、その感覚に「慣れてくる」ステージがきます。

そして成功者たちがどんな生活習慣を送っているのか、どんな考え方を持っているのかが如実に分かってきますから、いよいよそのような「環境に感化」されてきて、あなたの日常の生活パターンが変わってくるのです。

そこで一旦スイッチが入ると、どんな人でもまず100日以内に内側(心)が完全に、過去の自分とは違ってきます。

「でも、私にはミリオネアの知り合いなんていません。」

いなければ、最初はお金を払ってでも成功者にコンサルの一つでも受けに行かれたらよいのです。

人徳もある本物の成功者であれば、大抵は10万円程度でコンサルティングを引き受けてくれますよ。

それこそが環境を変え始める一歩ですし、環境への投資なのです。

そこで一度成功者に合えたら、その方がたどってきた道を真似したり、人を紹介してもらったり、どんどん自分の環境を変える投資(お金のみならず時間)を継続していえば、もう過去のあなたには戻れなくなってきます。

結局のところ、環境を変えることなしに人が変わることは極めて難しいだろうと思うのです。

この手の実体験をお伝えするとキリがありませんので、今日の項はこの辺りで。。



アメリカ不動産投資 初心者の皆様へ

無料の定期メルマガ「アメリカ不動産投資の旅」をご希望の方は、下記よりメールアドレスをご登録ください。

初心者目線に落とし込んだ投資情報を定期的にご連絡させて頂きます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本項に関するご質問はこちらからどうぞ。

共有をありがとうございます