結局のところ、佐藤さんは何をしているのですか?

こんにちは。佐藤です。

当ブログを読まれる方々から、

「このサイトでは物件情報がありませんが、
佐藤さんは物件は売っていないのですか?」

「佐藤さんが何をしているのか、あまり見えません。」

そんなお声を聞くことがあります。

当サイト上で

  • 一戸建て投資
  • 複数世帯受託投資
  • 借入証書投資

等いろいろな投資形態をご紹介はしているものの、結局のところ私(佐藤)自身は何を売っているのか、何をやっているのか掴みにくい、というわけです。

この点は大いに反省し、もう少し分かりやすいようにサイトを全般的に改善していかなければならないと思います。

(とはいえ、営業色満点のサイトにするつもりは全くないのですが。。)

とどのつまり、私(佐藤)はアメリカ大手不動産グループの「ケラー・ウィリアムズ」に所属して不動産物件売買の仲介を行う一方で、このサイトを通じての主軸のサービスとしては

「日本人投資家とアメリカ不動産投資会社の直接取引のサポート」

を行っています。

仲介者は入れない

「投資家」という言葉がハードルを高く感じさせてしまうのであれば、

「年金だけでは不安で、貯金を使って不労所得で月収を増やしたいご年配の方」

「将来に備え、働く夫に変わって上手に資産運用していきたい主婦」

「日本の低金利貯金に嫌気がさして、利回りよくお金を殖やしたいサラリーマン」

でもいいのですが、そのようなアメリカ不動産投資に興味がある方々に対し、

  • 英語サポート
  • 物件選択サポート
  • 契約手続きサポート

等、およそアメリカでの不動産取引に必要なサポートを「不動産コンサルティングサービス」として包括的に行っています。

特に強調したいのは、佐藤という存在は「仲介者」ではないということ。

あくまで主役はお客様ご自身であり、取引はアメリカの会社と直接のものであり、

物件販売
物件管理

の双方を行う、信頼あるアメリカ不動投資会社と直接取引をして頂くのです。

相手と直接契約書を交わし、物件購入後も直接物件管理の指示を出して頂くわけで、その中間で私(佐藤)が中間でマージンを抜く、ということはありません。

関係性はあくまで

日本人投資家 ↔ アメリカ不動産投資会社

であり、私(佐藤)はアメリカ不動産投資に精通する一人として

  • 英語サポート
  • 物件選択サポート
  • 契約手続きサポート

を行うのみとなります。

厳密には

日本人投資家(+佐藤のサポート) ↔ アメリカ不動産投資会社

このようなイメージですね。

日本人投資家の皆様は私(佐藤)と取引をするのではなく、アメリカ不動産投資会社と直接やり取りをして頂くことになります。

成功報酬型の不動産コンサルティング

そしてコンサルティングに対する報酬はお願いさせて頂きますが、それはあくまで

「成功報酬型」

の形式であり、前金が発生することはありません。

  1. 徹底した英語サポートで
  2. お客様以上に物件について考え抜き、
  3. 細かく契約手続きまでサポート

を行い、かつ完全にクロージングして初めて、

「成功報酬」

としてお願いさせて頂きます。

この一連のコンサルティング業務においては、少しの妥協もしていないつもりです。

クロージングが完結するまでは無報酬ですが、そこに至るまでにどれだけ時間と労力がかかるかは問題ではなく、

「顧客利益の最大化」

を目標として、お客様が心から納得されるまでお付き合いしているのです。

(もちろん明らかに冷やかしの方、甚だ常識のない方は途中で音信プツリします。。)

また

「成約後は、はいサヨナラ」

ということもありません。

お客様が望まれる限りその後もサポートは継続しますし、事後にサービスの質を落とすことはありません。

むしろ、不動産投資は売買よりもその後の管理の方が大切ですから、クロージングが完了してからが本当のスタートと言えるのです。

過去の経験を活かす

思うに、不動産コンサルタントとして活動する上では、過去のプログラマーだった頃の経験がかなり活かされていると思います。

過去の項でも上げていますが、私(佐藤)が不動産コンサルティングにおいて物件選択のアドバイスを依頼される場合、その判断の過程で最も重要視するのが

「蓋然性の高さ」

です。

  • この物件はそもそも検討に値するのか?
  • この物件はお客様のニーズに合致しているのか?
  • この物件でお客様の利益は最大化されるのか?

これらの要素をして、アメリカ不動産業界で蓄積されている過去の膨大な統計を元に

「蓋然性(その結果が再現される可能性)の高さ」

を測り、判断しています。

その判断で使うのは、間違っても

「過去の経験からの山勘」

などではありません。(勘で一千万単位を使わされたら、堪ったものではありませんね)

過去の膨大な統計と対象物件の内部要素と外部要素を並べ、論理思考で徹底的に突き詰め、投資成功が再現される確率を測っていきます。

実際、この手の論理思考の作業はプログラマーとして仕事をしていた頃の経験がモロに活かされていると思います。

プログラミングは「1 or 0」の世界ですから、そこにグレーな判断はあり得ません。

A = B

B = C

ならば

A = C

というアリストテレスの原理に基づく、徹底した論理思考で機能全般を組み上げていくのがシステムエンジニアです。

そして蓋然性という一つの確率を論じるのであれば、感覚ではなく論理思考で突き詰めていく必要があります。

あくまで人間ですので将来の完璧な予測など不可能ですが、「成功の確率を高める」ことは可能なのです。

とはいえ、そこには人間味を

かくして、不動産コンサルタントとして徹底した論理思考で成功率を高めるお手伝いをしているものの、その一方で仕事を通して自分自身も「人格」を高め続けていくことも大切だろうと考えています。

およそ不動産のような高額商品は、世の中にそうそうあるものではありません。

不動産業界は一千万単位、億単位のお金が動く世界ですから、「顧客利益を至上」とするのであればそれ相応の責任が求められるものです。

そしてそれだけ多額のお金を出資するのは他の誰でもなく、あくまでお客様なのです。

そのお客様の決断のサポートにコミットするのであれば、お一人おひとりに全身全霊をかけ、売買の時のみならずその後もお客様に寄り添う姿勢を崩さないのは当たり前のこと。

結局のところ、そのような飽くなき反復サービスのみが、自分発で世に提供できる付加価値を本物のレベルに近づけていけると思うのです。

そして論理思考をコンサルタント業務の基軸にしながらも、お客様の前ではそのガチガチな論理思考はあえてオブラートに包み、理想としては理屈さを感じさせず、むしろ人間味を感じさせるサービスを展開することが大切なように思います。

かくして、K&E Realty Consultingは顧客利益至上にコミットした、成功報酬にして本物のサービスを提供し続けたいと考えています。


【個別コンサルティング】

アメリカ不動産投資に向けた個別コンサルティングのご要望を多数頂いています。

✔ アメリカ不動産運用で老後の自分基金を構築したい

✔ 現地の水先案内人が欲しい

✔ 契約や交渉を含め、英語でフルサポートを受けたい

個別コンサルティングの詳細はこちらから。
【プロミゾリーノート(借入証書)投資】

特に女性に大人気、プロミゾリーノート(借入証書)投資のまとめページを作成しました。

✔ ただ生活に安心がほしいだけ

✔ ハイリスクハイリターンはいらない

✔ 手堅く、受け取る額が変わらないリターンが欲しい

✔ 何かあった時の投資の保証が欲しい

プロミゾリーノート(借入証書)投資まとめはこちらから。


アメリカ不動産投資 初心者の皆様へ

無料の定期メルマガ「アメリカ不動産投資の旅」をご希望の方は、下記よりメールアドレスをご登録ください。

初心者目線に落とし込んだ投資情報を定期的にご連絡させて頂きます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本項に関するご質問はこちらからどうぞ。

共有をありがとうございます