アメリカ不動産所有権の種類

こんにちは。アメリカで不動産エージェント兼コンサルタントとして働く佐藤です。

アメリカで不動産を購入する上でよく理解しておかなくてはいけないのは、不動産所有権の種類です。

こちらでお伝えしたようにアメリカ不動産には日本のような家の権利書なるものは存在しておらず、法的効力を持つ権利を他人もしくは身内に売却あるいは相続する形で譲渡する際にDeed(ディード)でその証拠を管轄当局に記録することで権利を保有します。

そしてアメリカ不動産の権利にはいくつかの形態があり、厳密には州によって採用されている不動産形態の種類が違いますので自分が不動産を購入する際にはどのような形態がその州で採用されているのかをよく理解しておく必要があるのです。

ここでは全米で共通に認識されるアメリカ不動産の権利について、何回かに分けてお伝えさせて頂きます。

単独の所有権:Ownership in severalty

複数ではなく単独で所有する場合の所有形態をOwnership in severalty(オーナーシップ イン セベラルティ:単独所有権)と呼びます。

単独の定義は個人、法人、あるいは何らかの団体のでそれ以外の他に誰も所有権がいない場合です。そもそも英語でSeveralというと「いくつかの〜」という意味になりますのでその直訳で考えれば「複数による所有権っていうんじゃないの?」と思ってしまいますが、ここでいうSeveralはseveredとかcut off fromという、「〜から引きちぎられた」というニュアンスでつけられた名称です。つまり、他の誰からも引きちぎられて自分ひとりが唯一の所有者であること、これをOwnership in severalty(オーナーシップ イン セベラルティ:単独所有権)と呼びます。

例えば両親から一人が家を相続した場合、あなたはその物件を単独で所有することになりあなたが所有するTitle(タイトル:権利)はSeveraltyの種類になるわけです。唯一無二の所有者ですから、そこにある権利全てがあなたのものとなります。

複数による所有権:Co-Ownership

単独の所有権Ownership in severaltyに対し、複数による所有権のことをCo-Ownership(コ・オーナーシップ:共同所有権)と呼びます。

家の権利については夫婦で共同に所有する場合、家族間で所有する場合、他人と所有する場合、、と様々なケースが起こり得るものです。これら全てを総括してCo-Ownership(コ・オーナーシップ)と呼びますが、厳密にはこの共同所有の形態には

  • Tenancy in common(テナンシー イン コモン:共有不動産権)
  • Joint tenancy(ジョイント テナンシー:合有不動産権)
  • Tenancy by the entirety(テナンシー バイ エンタイヤリー:連帯不動産権)
  • Community property(コミュニティ プロパティー:夫婦共有財産)

の4つがあります。

複数による所有権については明日からシリーズ化して、それぞれの詳細をお伝えさせて頂きます。


【個別コンサルティング】

アメリカ不動産投資に向けた個別コンサルティングのご要望を多数頂いています。

✔ アメリカ不動産運用で老後の自分基金を構築したい

✔ 現地の水先案内人が欲しい

✔ 契約や交渉を含め、英語でフルサポートを受けたい

個別コンサルティングの詳細はこちらから。
【プロミゾリーノート(借入証書)投資】

特に女性に大人気、プロミゾリーノート(借入証書)投資のまとめページを作成しました。

✔ ただ生活に安心がほしいだけ

✔ ハイリスクハイリターンはいらない

✔ 手堅く、受け取る額が変わらないリターンが欲しい

✔ 何かあった時の投資の保証が欲しい

プロミゾリーノート(借入証書)投資まとめはこちらから。


アメリカ不動産投資 初心者の皆様へ

無料の定期メルマガ「アメリカ不動産投資の旅」をご希望の方は、下記よりメールアドレスをご登録ください。

初心者目線に落とし込んだ投資情報を定期的にご連絡させて頂きます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本項に関するご質問はこちらからどうぞ。

共有をありがとうございます