成功している不動産投資家は裏情報にコネがある?

こんにちは。アメリカで不動産エージェント兼コンサルタントとして働く佐藤です。

「あの不動産業者はやけに成功率が高い。

彼は裏の情報ルートをもっているはず。」

そんな真しやかな憶測はよく耳にする話です。

表には出てこない情報をもっているからこそ
他者に先んじて手をうち、首尾よく儲けていく。。

 

確かに富裕層間のみでやりとりされる情報は
決してゼロではなく、

表に情報が出てくるときには
ほとんどうまみのない話というのは

何も不動産のみならず、凡そビジネス全般でいえること。

 

けれども、不動産で成功する為の
不可欠の要素では決してありません。

ここに、小売店に囲まれた10エーカーの土地があるとします。
土地はオープンで売りに出されており、誰でも購入することが出来る。

そんな時、

住宅建設会社のマネージャーは
40軒の家を立てられるなと考えます。

高級住宅物件の担当者は
10軒の高級物件が立つなと考えます。

小売商業物件のデベロッパーは
2つの大型商業物件が可能と見ます。

集合住宅施設の企画者は
150の家族が入れる棟をいくつか建てようと思うでしょう。

結局のところ、それぞれが各々の視点から同じ土地を見ることになります。

 

そしてどの答えが最も正解に近いか?
となると、この場合は

「集合住宅施設、もしくはレントオフィス物件の建設」

です。

その大きな理由は2つ。

① 周りの小売店で働く人たちの住居としてのニーズがある
② 小売業に付随する事務所のニーズが有る

です。

 

住宅は必ず仕事がある場所に需要が増えてきます。
小売業に囲まれている場所であれば、
まず暮らすところのニーズがないことはありません。

暮らすという意味では
40軒の普通住宅でも10軒の高級住宅でもいいじゃないか、

という見方もあるかもしれませんが、
そこに建物を入れる以上は

「成功する確率が最も高い種類の建物を建築する」

という、極めて当たり前の考え方大切なのです。

 

40軒の普通住宅も悪くはないかもしれませんが、
それならば周囲の1000名以上の雇用を見越して
合計150戸を立てる方がよいですし、

高級住宅志向の富裕層を
小売店に囲まれた立地に連れてくるのは
なかなか難しいものです。

 

結局のところ、こういった

「常識で判断できることを、機を逃さずに淡々と行う」

これが成功している不動産投資家に
共通している性質なのです。

 

自分のアイデアを周りの人たちに共有して
周りの反応が実に冷ややかだった時。

そんなときは

「ものすごい成功の可能性を秘めている」

「独りよがりの何でもなく、失敗する」

のどちらからですが、
十中八九、後者であることが圧倒的に多いものです。

 

「小売店に囲まれた土地に
合計150戸の集合住宅を建設したいけど、どうかな?」

「ああ、いいんじゃない?」

そして150戸の集合住宅という選択が

40軒の普通住宅よりも
10軒の高級住宅よりも

成功する確率が高い。

 

成功している不動産開発者や投資家は
そんな当たり前の常識に基づく判断で行動しており、

決して裏情報のルートを
おさえているわけではないのです。


【個別コンサルティング】

アメリカ不動産投資に向けた個別コンサルティングのご要望を多数頂いています。

✔ アメリカ不動産運用で老後の自分基金を構築したい

✔ 現地の水先案内人が欲しい

✔ 契約や交渉を含め、英語でフルサポートを受けたい

個別コンサルティングの詳細はこちらから。
【プロミゾリーノート(借入証書)投資】

特に女性に大人気、プロミゾリーノート(借入証書)投資のまとめページを作成しました。

✔ ただ生活に安心がほしいだけ

✔ ハイリスクハイリターンはいらない

✔ 手堅く、受け取る額が変わらないリターンが欲しい

✔ 何かあった時の投資の保証が欲しい

プロミゾリーノート(借入証書)投資まとめはこちらから。


アメリカ不動産投資 初心者の皆様へ

無料の定期メルマガ「アメリカ不動産投資の旅」をご希望の方は、下記よりメールアドレスをご登録ください。

初心者目線に落とし込んだ投資情報を定期的にご連絡させて頂きます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本項に関するご質問はこちらからどうぞ。

共有をありがとうございます