不動産投資は小さく始めるべきか

こんにちは。アメリカで不動産エージェント兼コンサルタントとして働く佐藤です。

不動産投資を始める場合、
その投資額は小さく始めるべきでしょうか?

まずは小さい物件に投資して、
次に複数の小さい物件に投資して、
資金が溜まったら大きな物件に投資する。

この考え方には何ら間違いはありません。

 

何も最初から冒険する必要はありませんし、
まずは小さく初めて経験を積むことは
素晴らしい考えです。

 

けれども不動産投資に
多額の資金は必要ない、

ということも知っておいて間違いはありません。

 

実例をあげますが、

日本円で約1150万円の
コンドミニアムを購入する為に

約200万円の頭金を入れ、
残りでローンを組んだことがありました。

この場合、200万の頭金は自分で出し、
残り950万円の借金も自分個人に責任がかかってきます。

 

これとは対象に、
182戸あるアパートメントプロジェクトを
9億円の資金で資金した実例があります。

この時の頭金は、約2億円。
とても個人で出せる額ではありません。

 

ところが、このプロジェクト推進者は
自分の財布からは1円も出さなかったのです。

つまり、
投資家たちを集めて2億円の頭金を支払い、
自分は9億円のうち10%の権利保持のみに留め

残り90%を投資家たちに分配する、
という手法をとりました。

 

結果としてこのアパートメントは
完成からわずか1年で価値が約11億3千万まで上昇し、
1年の間に2億円以上の儲けとなったのです。

 

このように
小さな住宅の場合はその責任が
所有者に全てかかってくるのに対し、

アパートメントプロジェクトのような
高額物件の場合は

物件そのものの価値の大きさから
責任を物件に転嫁する結果となるのです。

 

不思議なことに、

「高額物件への投資に対し頭金はゼロ」

となり

「頭金がゼロなのに、大きく利益が出る」

 

という現象が本当に起こるのです。

 

とはいえ、当然ながらこのような投資プロジェクトは
豊かな経験と豊かな人脈があってこと成り立つものですから、

これから不動産投資をするという
初心者が飛び込めるような世界ではありませんし

そのような冒険者がおられたら
私も全力で(?)お止めすると思いますが

 

少なくとも不動産投資においては
頭金すら必要なく、

頭金を入れない人が
1年で億以上の利益を出すことがある、

そんな事実は知っておいてよいと思います。


【個別コンサルティング】

アメリカ不動産投資に向けた個別コンサルティングのご要望を多数頂いています。

✔ アメリカ不動産運用で老後の自分基金を構築したい

✔ 現地の水先案内人が欲しい

✔ 契約や交渉を含め、英語でフルサポートを受けたい

個別コンサルティングの詳細はこちらから。
【プロミゾリーノート(借入証書)投資】

特に女性に大人気、プロミゾリーノート(借入証書)投資のまとめページを作成しました。

✔ ただ生活に安心がほしいだけ

✔ ハイリスクハイリターンはいらない

✔ 手堅く、受け取る額が変わらないリターンが欲しい

✔ 何かあった時の投資の保証が欲しい

プロミゾリーノート(借入証書)投資まとめはこちらから。


アメリカ不動産投資 初心者の皆様へ

無料の定期メルマガ「アメリカ不動産投資の旅」をご希望の方は、下記よりメールアドレスをご登録ください。

初心者目線に落とし込んだ投資情報を定期的にご連絡させて頂きます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本項に関するご質問はこちらからどうぞ。

共有をありがとうございます